カジュアル英語の省エネ発音は映画や海外ドラマのリスニングの鍵!
 映画や海外ドラマ、
 カジュアルな日常会話のリスニングに
映画 海外ドラマ リスニング
HOME
       
     
 

「ペラペラ」への第一歩、英文瞬間作成力

 
Facebookでシェア!
 

英語を話すというのは、いわば瞬間的に連続して英作文をするようなものです。

といっても「和文英訳」をするわけではありません。

まず、言いたいことが頭の中にカタマリとして浮かびあがる。
このカタマリが口から言葉として出てくるときに英語になっています。
「英語で考える」ったってねえ。英語脳、英語の回路

そのプロセスで瞬間的に「英作文」をしているのですが、
そこで「和文英訳」のように、
たとえうっすらにせよ日本語を利用していると、
あなたの英語は現実世界で通用するレベルになりません。

その理由はまず、英語と日本語では発想自体が違うので、
たとえ「和文英訳の答え」としては正解でも、
不自然で要領を得ない英文になってしまいがちだから。

単語を適当に並べて
文法的に正しいと思える自分なりの文章を作ってるのではダメ、
ということです。

もうひとつの決定的な理由は、日本語をいったん通して
文を組み立てていると時間がかかりすぎること。

実世界の会話のペースにはとうていついていけません。

じゃ、どうやって「英作文」をするのか。

次の二つの方法でやります。

1.学校英語の基本構文(中学英語+アルファ程度)を自由自在に組合わせて文が作れる基礎をかためる。これを瞬間的にできるようにする。

2.すでに存在する英文や英文のパーツを借りてきて、これを組合わせて自分の言いたいことを言えるようにする。つまり「英借文」をする。「英文のパーツ」とは イディオムや定型表現、そしてチャンク(4,5語から8語くらいまでのカタマリとして意味を持つ語群)など。

つまり 1.で、瞬間的な英文作成力(*)をつけ、
2.で、あなたの個性を出す世界を作る、ということです。

 2.のポイントについては、スピーキングは暗記と英借文で、でとりあげます。
ここでは 1.の瞬間的な英文作成力について述べます。

この二つのステップを使った
「楽しく話せるようになる最短距離」のチャート
よかったら参考にしてください。

(*)「瞬間英作文」という言い方が一般的に定着しています。
「英語上達完全マップ」の森沢洋介さんがひろめた、すぐれた言い方です。
ただ、「英作文」というところが、どうしても「和文英訳」のイメージを
ひきずるので、私はこだわって「英文瞬間作成力」という言い方をしてます。



さて、英文瞬間作成力とは上で述べたように・・・

学校英語の基本構文(中学英語+アルファ程度)を自由自在に組合わせて文が作れる基礎をかためる。これを瞬間的にできるようにする。

というスキルです。

英文瞬間作成力をつけるには、学校英語の構文知識(文法)を
頭でわかっているだけでなく、体で覚えている必要があります。

英文瞬間作成力がつきはじめると、あなたは自分の口にする英文が
「文法的に正しいかどうか」と気になることが減っていきます。

文法なんかどうでもいいや」と、なってしまうわけではありません。

大きなところでは、もう気を配らなくても文法的にほぼ正確に話しているし、
言いたい内容に引っ張られるようにして口を開いて話し始める、
そしてなんとか言えてしまう。相手もきちんとわかってくれる。
だから、文法の細かい点が間違っているかどうかということは気にならなくなる。

そんな状態です。

「英語を話している」という感覚よりも
言いたいことがもやーっとあって、それが口から出てくる
手持ちの材料を組合わせつつセンテンスとなって英語で出てくる、
といった感覚です。

必要になる構文知識は、基礎の基礎である中学英語。
あと、高校英語の一部をカバーしていれば、それで充分です。
中学英語でどこまで話せる) 高校レベルの「文法規則の例外」といったものは、
やる必要はありません。

英文瞬間作成力をつけるステップは
「頭ではわかっている、問題集ならとける」
そういう文法、構文知識を
実際に話すためのスキルに転化するプロセスです。

 
話す筋トレ

このサイトの管理人が開発

いやでも
大量の英語を口に出させる
ビジネス英語の
パターン練習教材

いつでもどこでも
アウトプットトレーニング

詳細を見る(サンプル音声付)

 

 
 
 
 
ナマ英語、なるほど!トピックス
「よそ行き発音」 と 「省エネ発音」
「ネイティブみたいな発音」を目指すべき?
発音は大切。リスニングとの関係
 多読・速読がリスニング能力を押し上げる
「聞き流すだけ」?多聴にも、いろいろある
精聴、ディクテーションはリスニングの基礎体力
ネイティブ耳。すべての単語が聞けないとダメなの?
映画のスクリプトや字幕が間違いに思える?
英会話スクールの正しい使い方
留学する意味ってあるの?
音読では自分の声を録音!
リズムが発音より大切なこともある
「学校英語」とバカにしないで
「英語で考える」ったってねえ。英語脳、英語の回路
英語学習は目的の設定が進歩のカギ
ニュース英語のほうが映画より聞きやすい理由
知ってて得する機能語の弱形
スピーキングは暗記と英借文で
アメリカに5年住んでも英語ができない!
スラングや卑語も知っときたいワケ
中学英語でどこまで話せる?
カジュアルな口語表現でドンぴしゃり
どうやって話す量を増やすか
自分だけの表現集は宝物だ!
「ぺらぺら」への第一歩。英文瞬間作成力
英語を楽しく話せるようになる最短距離(チャート)
必ず話せるようになる教材!?

 

当サイト管理人がアメリカで開発した相手のハートに響くイディオム教材の決定版!

すぐ使ってみたくなる楽しく生きた例文が満載!口語英語の構文が自然に身につきます。→詳しく見る

 

 

 

 


このステップをどこかでクリアしないと、
いくら市販の「英会話」本を勉強しても、 いくら語彙を増やしても、
話せるようにはなりません。

ごく限られた語彙しか使わなくても、
なんとか言いたいことが言えるようになっていないと
いくら語彙や表現や決まり文句を増やしても 表面的なやりとりのみで
深いコミュニケーションはできるようになりません。

このステップをクリアしていれば、「状況別表現、語彙」とか
知らなくても、なんとか手持ちの言い方と言葉をフルに使って
多くの状況を切り抜けられるようになります。(まだるっこしくはなりますが。)

英文瞬間作成力がない人から見ると、
もうこの時点で、あなたは「英語が話せる人」になっています。

中学の構文を使った英文瞬間作成力を意識的に訓練した覚えはないのに
きちんと話せる人たちは
多量の英文を覚えて、組合わせて自分の文を作るといった
訓練を必ずどこかでしています。
そして、少なくとも中学英語は、それより以前に
しっかり身につけていた人たちです。

教材としては、
中学レベルの文法事項にはまあ自信のある人ならば
市販の「音読」ものや「瞬間英作文」系のもの「パターンプラクティス」、
どれでもいいと思います。

やや値がはりますが、私が文句なしにお勧めするのは
この教材です。

教材にすべてをオマカセしてゲーム感覚でついていくだけ
徹底的に英文瞬間作成力をつけてくれますので
自分の根気にいまいち自信のない人には特にお勧め。
お試し版があるのでそれで様子を見てから決めればいいと思います。

→ 必ず話せるようになる教材!?


なるべく安くあげて、コツコツと続けていける、と思う人向けとしては・・・

市橋敬三氏のパターンプラクティスや瞬間英作文系は
どれも秀逸だと思います。徹底的にこなすことが大切です。

必ず音声のあるものを選らんで活用し、
自分の発音・リズムを可能な限り直しながら
繰り返しましょう。何十回も自己流の発音でリピートするのは
よくありません。

『スラスラ話すための瞬間英作文シャッフル』は、
基本構文を組合わせて、長い文を作る訓練をしてくれます。
この訓練は一人ではなかなかやりにくいので
この本は(ちょっと不自然な英語もあるけど)とても貴重な存在です。

系統的に頭を整理して進めるのが好きな人だと
この分野の代表といえる
國弘正雄さんの『ぜったい音読』シリーズは、ちょっと向かないかも知れません。
教科書そのままで 「瞬間英文作成」のきっかけとなる日本語訳もないので。

ところで、今のあなたが、中2年学レベルの構文も怪しいのだったら、
ここがガマンのしどころです。

もしかするとあなたは自分の好きな素材(映画、海外ドラマなど)で、
オシャレなセリフや使ってみたい表現を覚えたくてうずうずしてるかも。

でも、ちょっとだけ後回しにしましょう。
(ガマンできないってのならもちろん覚えてしまってもいいですけど。
でも定着しにくいと思います。その文の組み立て、つまり構文がわからないから)。

文法の基礎の基礎をやり直しましょう。
まずは、音声もなくていいですから、
中学参考書の基本事項を熟読して理解し、
練習問題を問いて納得するところまでやりましょう。

 
   
 
英文瞬間作成力をゲーム感覚で
徹底的に鍛えるならコレ!
管理人の一押し教材。
無料お試し版あり。

上のバナーをクリック!
 
 

CDのあるものなら
たっぷり口真似しながら復習。
発音やリズムを吸収してください。 (音読では自分の声を録音

使う教材は、

中学の教科書ガイドとCD、
中学参考書、
高校受験用問題集、などです。

オススメのものを、右のバナーでいくつか紹介します。

できるならば自分で本屋の店頭で手にとってみて
フィーリングのあうものを選ぶのが一番です。

少しでも怪しいと思ったら、
ためらわずに中学1年から
やり直しましょう。
そのほうが結局はあとで回り道をしなくてすみます。


最後に、、、
英語で英文法や構文を勉強する、というのも
最近はやっているようですが、時間がもったいないと私は思います。

学校英語のトラウマ(?)を思い出させるものはどうしてもいや、
というならしかたないですけど。。。

日本の学校英語は、なんだかんだ悪口言われても
よくまとめられているので、まがりなりにも一度やったものを
サーっと学びなおすほうが絶対効率もいいですから。
この段階で、多くの時間を使うのはもったいないです。

 

ページトップへ

ナマ英語.com トップページへ


省エネ発音ミニ講座へ(音声付)

 

 

 

 

 

 
 
   
   
   
       

このサイト内の文面、音声、画像を許可なく使用することを禁じます。

Copyright (c) 2008-2010  Koji Matsuo   All rights reserved.