基本構文を自由に使いこなせばなんでも話せる YouCanSpeak ユーキャンスピーク
 必ず話せるようになる教材! 映画 海外ドラマ リスニング
HOME
       
     
     
Facebookでシェア!
 

「必ず話せるようになる教材」なんて、ホントにあると思いますか?

それがあるんです。

 

アヤシイ、と思われてもしかたない。

ホントにあるんです。としか言えない。

 

なぜ私が、そこまでこの「必ず話せるようになる教材」に確信を持っているかというと・・・

この教材と同じ訓練法を、私の7年間教えていた英会話スクールでもやっていた。
そして、必ず成果をあげていたからです。

ただし、二つの条件を生徒さんがクリアすれば、です。(それが何かはあとで教えます。)

 

その必ず成果をあげていた訓練法とは・・・

 

1.話すのに必要な基本構文をまんべんなく、しかも瞬間に口から出せるようにさせる。

2.それらの構文を自由自在に組み合わせ、これも瞬間に口から出せるようにさせる。


この二つです。

 

まず、基本的文法に基づいた、ごく基礎的な構文からはじめて、
系統的に手持ちの構文を増やし、瞬間的に口に出せるように訓練する。

次第にいくつかの構文を組み合わせた質問に移行し、フルセンテンスで、答えさせる。

その英会話スクールでは、生徒さんが日本語で考えるすきを与えないように
そして文字にも頼らせないように、チャートと絵をたくさん使っていました。

いわゆる「パターン・プラクティス」や「導入練習」で、
と〜にかく大量の口頭練習をします。

 

これを続けていくと、そのうち、文の組み立て方で考え込むことがなくなります。

伝えたい内容にあう構文を、頭の引き出しの中から瞬間的に取り出して
口を開いてとりあえず話し出す。

話したい内容のほうに集中して、必要な構文を次々と繰り出しては、
それらを頭の片隅でアレンジしてあやつりながら
ずーっと話し続けることができるようになります。

つまり英語を「話せる」人になっている。

 

この教材がやってくれることも同じ。

英会話スクールでは講師の性格や質(機転の利かせ方など)により、
同じメソッドで同じことをやってもどうしても効果に多少のブレが出てきます。

加えてそもそも、そうした日本人向けの
着実だけど地味な教授法を行っている英会話スクールの数も少ないのが現実。

スクールとしても、ネイティブというだけで講師を雇えない。
日本人の英語のバックグラウンドを理解させ、
ポイントのぶれないレッスンを行なうトレーニングをして
本当に 優秀な講師のみ使う必要がある。

生徒さんとしても地味で面倒くさいトレーニングと
宿題もこなさなければならない。それだとスクールの人気が出ない。

だから、こうした方法を徹底するスクールはない。

 

(ごく最近になって、Skypeオンライン英会話の一部で
こうした方法を取り入れるところも出てきました。
でも「生徒と同じ背景を持つ日本人講師+ネイティブ講師」という
理想の組み合わせでこれを行なうところはまだないようです。)

 

で、 この教材なら「一人だけの先生」について、
もっとも効率的に成果のあがるプロセスで
系統的に、着実にトレーニングを積み重ねていくことができます。


日本語を見て瞬間に英語にする作業を手を変え品を変えやりますが、
これは「和文英訳」をやらされるわけではなく
続けていくうちに日本語はあくまでキュー(きっかけ)になっていくので、問題ありません。

しかも時間制限とかスコアとか、ちょっぴりゲーム感覚でやる気を持続させてくる。

この教材一本だけで、きちんと話すのに必要な学校英語の構文を
すべてばっちりカバーできます。

テクノロジーが進んだおかげで、
まさに登場すべくして登場した教材です。

この教材で、瞬間的に英文を作る能力をつけたら、(つけながらでもいいです)
ドンヨクにあなたの好きな素材から英文や英文パーツを吸収して
あなただけの表現集をつくり、英借文をしていきます。

それを続ければ、あなたの個性を出せるあなたの好きなトピックで、
なんでも話せるようになる。

あなたの話すことは必ず相手に理解してもらえる。

「こんな文章の組み立てでいいのかな」という心配もしなくなる。

モタモタせずに自然な間合いでサクサクッと話せるようになる。

そうなれます。


さて、さきほど「二つの条件を生徒さんがクリアすれば」英会話スクールで必ず成果が
あがる、といいました。

その二つの条件とは、これです。

 

(1) 生徒さんが、あきらめないで努力を続ける。
(2) 生徒さんが必要な時間とお金をしっかりかける(レッスンと宿題)。

 

(1) の「努力を続ける」は、当然のこと。

(「努力」という言葉の響きは、
なんか「歯をくいしばって」みたいなイメージもあるので
あまり好きじゃないですが。苦痛を感じたら休んだほうがいいです。)

どんな教材でも、「続けなければ」ダメですよね。

努力してはいるのに目立った進歩が見られない原因の大半は
ひとつの教材を徹底してやることがないため。

今の日本の英語学習者の状況は私にはそう見えます。




で、(2)「必要な時間とお金をしっかりかける」。

それなりの時間をかけなければ、努力の積み重ねにいたらないし、
充分な成果はでません。

そして、生徒さんが時間をかけることで英会話スクールは利益をうみます。

どのくらいの時間がかかると思いますか?

まずはすでに知っている中学の文法・構文を
瞬間的に口から出す訓練をする。


次第にいくつかの構文を組み合わせた質問に移行し、
フルセンテンスで答えさせる。

簡単な応用を導入し自発的に話せるように導く。

やがて 「あ、これって、しっかり英語が話せてるのかも!」と
本人が自覚できるのに すごく早い人でも半年。普通は1年かかります。

ちなみに半年でグーッと伸びる人というのは、
レッスン開始時点でのレベルよりも
どれほど本人の動機が強いか、切羽詰っているか、という
要素のほうがはるかに大きいです。

効果を最大限にあげるためのプライベートレッスンでそれだけの時間が必要。


毎週少なくとも2レッスン。プラス宿題。(レッスンだけで話せるようになるなんて
絶対にありえませんから。)

どのくらいのレッスン料を払うか、英会話スクールのことをご存知の方は
推測できるはずです。



でも、 あなたがこの教材を使えば費用対効果がものすごく高くなります。

それに、この教材がやってくれることを
よく作られた教材を使って柔軟に行える優秀な講師がいる英会話スクール。
しかもコンスタントにそういうレッスンをしてくれるスクール。

今、なかなかみつからないと思います。



その教材とは、これです。

英語スピーキング特化システムYouCanspeak

 

効果を実感してみるために、無料お試し版もあります。

百聞は一見にしかず、ぜひ試してみてください。

いくら優れた教材であっても、
どうしても相性が悪い、いまいちしっくりこない、ということはあります。

なのでお試し版を試して、行けそうかどうか確認すればいいです。


必ず成果をあげる訓練法をもう一度見てみましょう。

1.話すのに必要な基本構文をまんべんなく、しかも瞬間に口から出せるようにさせる。

2.それらの構文を自由自在に組み合わせ、これも瞬間に口から出せるようにさせる。


これを自分ひとりでやる、となると結構大変です。



ひとりでもやればできますよ。

それなりに きちんと話せる人はみな自分なりの方法で、この段階を通過したのですから。

でも自分なりの方法を試行錯誤で作っていく必要がある。

かなりの努力が必要。無駄もあります。


そして「本当にこのやりかたでいいんだろうか」という不安もつきまといがちです。
いろいろな教材をとっかえひっかえしてしまう。
(私自身、そのような道を通ってきたので、よくわかるのです。)

だからきちんと話せる人っていまだに少ない。

 

でも YouCanSpeak なら安心しておまかせ。
あなたは「これを続ければ話せるようになる」という確信を持って
しっかり取り組んでいきさえすればいいのです。

 

なにごとでも、成功するには、すでに成功した人の方法、
成果が証明済みの方法をとりいれるのが近道ですよね。

YouCanSpeke の方法なら必ずあなたの成功に直結すると私は信じています。

 

 

 

 

 
ナマ英語、なるほど!トピックス
「よそ行き発音」 と 「省エネ発音」
「ネイティブみたいな発音」を目指すべき?
発音は大切。リスニングとの関係
 多読・速読がリスニング能力を押し上げる
「聞き流すだけ」?多聴にも、いろいろある
精聴、ディクテーションはリスニングの基礎体力
ネイティブ耳。すべての単語が聞けないとダメなの?
映画のスクリプトや字幕が間違いに思える?
英会話スクールの正しい使い方
留学する意味ってあるの?
音読では自分の声を録音!
リズムが発音より大切なこともある
「学校英語」とバカにしないで
「英語で考える」ったってねえ。英語脳、英語の回路
英語学習は目的の設定が進歩のカギ
ニュース英語のほうが映画より聞きやすい理由
知ってて得する機能語の弱形
スピーキングは暗記と英借文で
アメリカに5年住んでも英語ができない!
スラングや卑語も知っときたいワケ
中学英語でどこまで話せる?
カジュアルな口語表現でドンぴしゃり
どうやって話す量を増やすか
自分だけの表現集は宝物だ!
「ぺらぺら」への第一歩。英文瞬間作成力
英語を楽しく話せるようになる最短距離(チャート)
必ず話せるようになる教材!?
 

ページトップへ

ナマ英語.com トップページへ


省エネ発音ミニ講座へ(音声付)

   
     
       

このサイト内の文面、音声、画像を許可なく使用することを禁じます。

Copyright (c) 2008-2010  Koji Matsuo   All rights reserved.